酸性縮毛矯正/ケラフェクトストレートとは - 阪急西宮北口徒歩1分/美容院POCKET

HairSalon
POCKET
阪急西宮北口・徒歩1分
阪急西宮北口 徒歩1分
HairSalon POCKET
コンテンツに移動します
ケラフェクトストレートと酸性縮毛矯正の違い

この2つの施術で大きな違いは、毛髪内部の結合を切るか切らないかという点です。 種類分けをするのであれば
酸性縮毛矯正  ➡  縮毛矯正
ケラフェクトストレート  ➡  トリートメント
で癖毛を伸ばしております。

■ケラフェクトストレートとは?
髪は「ケラチン」というたんぱく質で出来ています。ケラチンは「アミノ酸」が集まって出来ています!そのアミノ酸同士の結合は4種類 →【シスチン結合・イオン結合・水素結合・ペプチド結合】これらの結合によって、髪の毛の良い状態が保たれているのが基本です。
カラーやパーマだけでなくドライヤーやストレスが影響し、アミノ酸結合が少しずつ切れてしまうと髪が硬く硬化し凸凹になり、ダメージや枝毛等に繋がります。「ケラフェクトストレート」は、そんなアミノ酸結合が切れてしまったダメージ毛に人工的な5種類のケラチンを毛髪内部と表面を覆う事で、髪の凸凹を直し髪に艶やハリコシを与え、水分バランスが保たれて収まりやすくなります。また、ケラフェクトストレート後にもパーマやカラーの施術も問題無く、ご自宅での巻き髪等のアイロンもしっかりウェーブ仕上げが出来ます。
ケラフェクトストレートは、100%トリートメント!その為ダメージレスに髪質を変えることが可能です。
デメリットは、羊ケラチンを使用しクセ毛を伸ばす、髪に艶や潤いを与えますので90日〜120日の経過でケラチンが流出し元の状態に戻ります。持続力重視の方は「酸性縮毛矯正」をオススメしています。


 
酸性縮毛矯正とは?
普通の縮毛矯正やストレートパーマ(アルカリ性)とは違い、酸性領域でかけられるパーマ。毛髪のPh(ペーハー)に近い状態で施術するため、毛髪への負担が軽減されます!
なぜ酸性領域なら毛髪への負担が軽減されるのか?健康な髪の毛は弱酸性です。髪の毛は反対のアルカリ性に傾くとキューティクルが開く仕組みになっています。この習性を利用してパーマやカラーは薬剤を浸透させる為(キューティクルの隙間から内部に浸透)アルカリ性の薬剤となっています。ただし、キューティクルが開くことで内部の栄養分や水分も抜けてしまい、アイロンで熱を加える事で更にダメージしやすくなります。
酸性ストレート場合、髪の毛と同じ弱酸性で作られており、キューティクルを開かなくても薬剤を浸透作用させ、アイロンで熱処理をしても最低限のダメージに抑える事ができ、髪への負担が少ない事で今までは出来なかった縮毛矯正とカラーの同時施術や、ハイダメージ毛、エイジング毛でもクセを伸ばしたり、抑えることが出来る上にツヤや弾力も生まれます!


Hair Salon POCKET
コンテンツに戻る